制作フローの見直しで校正業務を再設計。重大ミスをおよそ1/10まで削減

お客さま情報

宅配・通販事業 A社さま

業種:宅配・通販事業/カタログ制作部

制作期間:通年(継続中)

お客さまの課題

A社さまでは、年間190媒体、計4500ページのカタログ・チラシを制作している。

原稿の不備(内容の誤り、矛盾)の多さや、修正と確認を何度も繰り返す制作フロー、修正指示の不明瞭さなどの問題からミスが頻発していた。
また、担当者の繫忙状況や経験値の有無により誌面の品質にバラつきがでていたため、校正・校閲を委託できる会社を探していた。

ダンクの対策

主に制作フローの見直しとA社さま内の原稿の精度を上げる施策として以下の対策を行った。

制作フローを見える化して、作業のモレ・ダブリを洗い出し


まずは複雑になっていた制作のフローを見える化することから始めた。関連部署とのやり取りをフロー図に起こし、以下の視点で課題を洗いだした。

  • 複数の部署が、同じ作業に時間をかけている業務はないか
  • 事故につながる確率が高い作業工程はどこか

ダンクは、重要ポイントに絞ってダブルチェック体制を敷くなどフローを見直し。
工程ごとの作業チェックリストを作成・運用し、ミスを減らすことにつなげた。

ダンクの校正担当者が問い合わせ窓口となり情報を一本化

ダンクが、専任の校正担当者を置き、A社さまの商品担当や編集担当、外部の印刷会社、制作会社からの問い合わせ窓口を担当。
リアルタイムに適切な判断・助言を伝えることで円滑な進行が行えるようになった。

ダンクのヒヤリハット事例を共有して、A社さま内の作業を改善


A社さま内の作業改善の一環として、ダンクが蓄積したヒヤリハット事例を報告・共有する場を設けた。
ヒヤリハットは忘れられることが多いため、年4回季節ごとに共有会を行った。事例を蓄積することが事故を未然に防ぐ手段という意識をもってもらった。

また、バイヤー・メーカー担当者向けに原稿チェックリストを作成して、間違いのない原稿作成のための意識づけを行った。
更新履歴の管理を全体で共有できるようにフォーマットも調整した。

対策の効果

カタログ制作部全体でミス削減に対する意識が向上したこともあり、ダンクが関わって以降、重大な事故を10分の1へ減らすことができた。

また、A社さまへダンクの広告校正セミナーを定期的に実施し、担当者の校正の知識向上に寄与することができた。
ダンクが校正作業を担当するだけではなく、A社さま内の品質管理の意識が向上したことで、品質レベルの高い体制を構築することができた。

校正の基礎と実践的なテクニックが学べます!

お問い合わせ

お見積りは無料です

お困りごとはお気軽にご相談ください。確認次第、担当者からメールでご連絡いたします。
業務依頼・打ち合わせはオンラインでも対応しますので、全国からのお問い合わせを受け付けています。

    必須会社名
    必須お名前
    必須メールアドレス
    任意電話番号(ハイフンは不要)
    ※電話営業は一切いたしません。
    必須ご相談内容
    任意弊社を知ったきっかけ