校正・校閲サービス

\こんなお悩みで困っていませんか?ダンクにお任せください!/

  • 社内で校正しているけど、知識もノウハウもないのでミスが頻発している…
  • 忙しくて校正をする時間があまりない。十分なチェックができていないので不安…
  • 自分で校閲してみたけど、事実関係の間違いが発覚…やっぱりプロにお願いしたい
  • パンフレットからWebまで社内の制作物はさまざま。マルっとお願いできる会社に依頼したい
  • 原稿や赤字が関係者からメールで大量に送られてくる。整理しきれずミスが発生…

誰がやっても品質が落ちない、高いクオリティ

ダンクでは品質管理委員会を設置し、社内教育と業務改善に取り組んでいます。ヒヤリ・ハットの共有や勉強会を定期的に実施し、業務の属人化防止に努めています。
また、スタッフの資格取得を奨励しスキルアップを支援。2023年時点で、日本語検定委員会主催「日本語検定」2級以上の有資格者が約30名います。

社内勉強会資料とヒヤリ・ハット

事前の作業設計で効率とコストを最適化

通常はオーダー通りに作業を始めるところを、ダンクでは作業設計を行います。事前にヒアリングを行い、効率もコストも最適化して作業内容をご提案します。

事前ヒアリングの主な項目

  • ミスが起きている箇所、不安を抱えている点(ミスの原因を特定)
  • 制作の工程、制作の方法(校正・校閲の最適なタイミングを検討)
  • 希望の作業内容、要件(作業ルールの設計)
作業要件が複雑な場合は作業ルールを作成

媒体ごとにチーム制を導入。その道のスペシャリストが対応

チラシやパンフレット、パッケージやWebサイトなど、媒体が変われば校正・校閲のコツ・ノウハウも変わってきます。
ダンクでは、媒体ごとにチーム制を敷いて、その道のスペシャリストが作業に当たる仕組みを整えています。安心してお任せください。

【校正・校閲チーム体制(2024年時点)

  • パンフレット類、ビジネス資料
  • カタログ
  • チラシ
  • パッケージ
  • Web記事
  • 保険業界ツール(パンフ、審査資料など)

サービス案内無料ダウンロード

ダンクが提供するサービスの事例や参考料金などを紹介しています。詳しく知りたい方は、ぜひご一読ください。

各種制作物の校正・校閲を承っています。媒体別に、主な対象ツールとチェック内容を紹介します。

さまざまな情報を掲載するパンフレット類は、事実関係の間違いや不適切な表現、日本語の読みやすさなど、トータルな校正・校閲スキルが求められます。

【対象ツール】
商品・サービスパンフレット、各種ガイドブック、広報誌、会報誌、社内報、社史 など

<主なチェック内容>

  • 原稿照合、原稿不備(疑問点・矛盾点)の指摘
  • 赤字修正の確認、指定外変化のチェック
  • 日本語表現のチェック 例)てにをは、誤字脱字、表記ゆれ、誇大表現
  • 横ぐしチェック 例)目次、参照ページ、流用パンフや類似パンフと照合
  • ファクトチェック 例)日付・曜日、固有名詞、出典元照合
  • レギュレーションチェック 例)表記ルール、デザインルール・テンプレート

カタログ校正は、基本の校正作業に加えて、全ページ通しての表記チェックや横ぐしチェックなど、カタログの特性を理解して作業設計する必要があります。

【対象ツール】
商品カタログ、サービスカタログ、通販カタログ、ギフトカタログ など

<主なチェック内容>

  • 原稿照合、原稿不備(疑問点・矛盾点)の指摘
  • 赤字修正の確認、指定外変化のチェック
  • 商品チェック 例)商品名等の基本情報、画像照合(矛盾点の確認)
  • 流用商品チェック 例)前号カタログと照合、掲載情報の過不足
  • 横ぐしチェック 例)目次、参照ページ、重複掲載商品、別カタログとの照合
  • フォーマットチェック 例)ツメ、ヘッダー、フッター、脚注・欄外表記

業務マニュアルや統合報告書など、ビジネス向け資料の校正・校閲も承っています。表記ルールなど貴社レギュレーションに則ってチェックを行います。

【対象ツール】
統合報告書、CSR報告書、ビジネス文書、業務マニュアル、研修資料 など

<主なチェック内容>

  • 原稿照合、原稿不備(疑問点・矛盾点)の指摘
  • 日本語表現のチェック 例)てにをは、誤字脱字、表記ゆれ、誇大表現
  • 横ぐしチェック 例)目次、参照ページ、流用元資料と照合
  • 表・グラフのチェック 例)引用元と照合、数値の妥当性と本文中との表記ゆれ
  • ファクトチェック 例)日付・曜日、固有名詞、出典元照合
  • レギュレーションチェック 例)表記ルール、デザインルール・テンプレート

チラシの校正は、原稿整理とタイトなスケジュールでの作業経験がものを言います。ダンクは、全国版のチラシ校正を中心に、豊富な作業実績があります。

【対象ツール】
新聞折込(スーパーマーケット・ホームセンター)、販促チラシ(イベント・キャンペーン) など

<主なチェック内容>

  • 原稿照合、原稿不備(疑問点・矛盾点)の指摘
  • 赤字修正の確認、指定外変化のチェック
  • 商品チェック 例)商品名等の基本情報、割引対象マーク、限定数表示
  • 画像チェック 例)画像と商品スペックの整合性(パッケージに過去のキャンペーン情報が載っていないか等)
  • 差替版校正 例)原稿から差替版情報を抽出、ベース版との差異を校正

パッケージ校正は、立体校正や類似パッケージとの照合など、特有の知識が必要です。ダンクではパッケージ校正に精通したスタッフでチームを組み、作業に当たります。

【対象ツール】
食品・製品などの外箱・内袋、商品陳列用の台・什器(および取説) など

<主なチェック内容>

  • 日本語表現のチェック 例)てにをは、誤字脱字、表記ゆれ
  • 立体校正(実際に組み立てて、切り取り線の位置などの不備チェック)
  • 規格違いや類似パッケージとの照合
  • レギュレーションチェック 例)表記ルール、表示ルール、企業・ブランドロゴ

複数のライターが関わるWebメディアでは、文体や文章の読みやすさ、事実関係の整合性など、品質の均一化が求められます。ダンクは統一のとれたメディア制作に貢献します。

【対象ツール】
Webサイト、Web記事、オウンドメディア、メールマガジン、プレスリリース など

<主なチェック内容>

  • 日本語表現チェック 例)文章の読みやすさ、文法的な間違い
  • ファクトチェック 例)固有名詞、数字、出典元との照合
  • コピペチェック(Webサービスのツールを使用)
  • ユーザビリティチェック 例)導線チェック、リンクチェック、ALTチェック
  • 専門家チェック 例)労務、ファイナンシャルプランナー、薬機法、景品表示法

単なる文章の校閲だけではなく、テロップと動画のタイミング、整合性までチェックします。

【対象ツール】
テレビ番組、ビジネス動画、研修動画、YouTube など

<主なチェック内容>

  • 日本語表現のチェック 例)てにをは、誤字脱字、表記ゆれ
  • 表示時間に対してのテロップの適正量
  • 音声とテロップの整合性、表示のタイミング

外部の専門家と連携して媒体監修を行っています。監修結果をダンクの校正スタッフが精査することで、誰が見ても理解できる、すぐに修正に回せる監修結果に仕上げます。

【対象範囲】
労務、税務、ファイナンシャルプランナー、薬機法、景品表示法 など

パートナー企業の翻訳会社と連携して、多言語翻訳を請け負っています。翻訳はもちろん、ベースとなる和文版のデザイン制作から、翻訳版の改行位置・オーバーフローなどのレイアウトチェックまで対応しています。

【対応言語】
英語、中国語、韓国語、ポルトガル語 など

校正・校閲だけでは防ぎきれない、原稿のミスを防ぐのが原稿整理です。原稿整理を行うことで、初校以降の余計な赤字が減り、修正負荷を軽減できます。源流から品質を改善するので、品質レベルは格段に上がります。

【主な作業内容】

  • 原稿・赤字の整理:各所からくる情報を整理して集約。訂正情報のヌケモレを防ぎます
  • 原稿の精度向上:原稿段階で素読み校正を行い、原稿のミスを未然に防ぎます

「文章が読みづらい」「デザインがわかりづらい」といった課題に対して、校正・校閲スキルをベースにユーザー目線でチェックを行い、改善施策を実行します。

【対象ツール】
ビジネス文書、案内チラシ、説明資料、Webコンテンツ、プレスリリース など

<対応内容>

  • 改善箇所の指摘(レビューレポート)
    読みづらい、わかりづらい点を抽出して、レポート形式でお戻しします
  • 改善版の作成
    改善点を抽出したうえで、改善データを作成して納品します

\ご相談・お見積りは無料です/

【商品サイトのユーザーテスト】校正ノウハウを活かしたユーザーテストでユーザービリティが向上
【校正セミナー】日本電子専門学校でダンクの広告校正セミナーを開催
【健康食品DMの薬事校閲】薬事チェックとデザイン管理で、過密日程でも遅滞なくダイレクトメールを制作
【カタログ校正】そもそもの原稿ミスを指摘して、500ページ以上の大型カタログの品質を向上
【月刊誌校閲】専門校閲と一般校閲で作業分担。アカデミックな月刊誌の校閲業務を再設計
【大学情報一覧の編集】各大学が発信する情報を編集して、600校以上の大学情報一覧を制作
【書籍目録校正】WEBサイトと照合して原稿の不備を洗い出し。書籍目録を最新の情報で制作
【パンフレット・チラシ校正】制作フローの見直しで校正業務を再設計。重大ミスをおよそ1/10まで削減

校正・校閲の料金に目安はありますか?

作業内容・要件によって料金は変わります。そのため、詳細を確認した後のお見積り提示を基本としています。
(対象媒体・作業要件が決まっている場合は、その情報をご連携ください。ヒアリングなしでお見積りも可能です)
以下は一例としての、作業要件と料金の目安です。
オウンドメディアの記事 1 記事: 3,000~4,000 文字程度
【作業要件 】素読み校正(誤字脱字、日本語表現、ユーザー視点での矛盾点指摘) 【料金】1記事:8,000円~

作業期間はどのくらいですか?

料金同様、作業内容・作業量によって作業期間も変わります。詳細を確認したうえで、スケジュールを提示します。
以下は一例としての、作業要件と作業期間の目安です。
商品パンフレット A4 サイズ/4色/32ページ
【作業要件 】素読み校正(誤字脱字、日本語表現、ユーザー視点での矛盾点指摘) 【作業期間】3営業日程度

作業依頼から納品までの流れを教えてください。

まずは作業内容と要件のヒアリングをさせていただき、その後にお見積りとスケジュールを提示します。
条件が合致した段階で作業を開始し、終わり次第校正紙を納品します。
(納品形態は、校正紙のスキャン、Word、Googleドキュメントなどツールをご指定ください。対応いたします。)

ダンクの広告校正セミナー

校正マニュアルダウンロード

お見積りは無料です

お困りごとはお気軽にご相談ください。確認次第、担当者からメールでご連絡いたします。
業務依頼・打ち合わせはオンラインでも対応しますので、全国からのお問い合わせを受け付けております。

ーお電話でのお問い合わせはこちらー

TEL:03-5817-4090

担当:池田・原冨 受付時間:月~金曜日/10時~18時

    必須会社名

    必須お名前

    必須メールアドレス

    任意電話番号(ハイフンは不要)
    ※電話営業は一切いたしません。

    必須ご相談内容

    任意弊社を知ったきっかけ