専門校閲と一般校閲で作業分担。アカデミックな月刊誌の校閲業務を再設計

お客さま情報

理学・工学系学術研究団体 C学会さま

業種:学術研究団体/編集部

制作期間:(1号あたり)1.5ヵ月

お客さまの課題

C学会さまでは、理学・工学に関する月刊の機関誌を発行しており、掲載する寄稿記事は専門性の高い内容となっている。
事実関係を担保するため、専門知識を持つ外部の人物にチェックをお願いしていたが、代わりの人材がいないため、特定の個人に依存する体制となっていた。

そのため、タイトな制作工程にあっても、チェックする充分な期間を確保する必要があり、工程を逼迫する要因となっていた。
また、専門分野のチェックに加えて、一般校閲(てにをは、文章の不整合など)のチェックも行う必要があったが、そこまで手が回らず、品質の担保に苦心していた。

ダンクの対策

専門校閲と一般校閲の2ラインを用意し、迅速に対応できるフローを構築


ダンクが専門校閲・一般校閲を合わせて請け負い、以下の2チームを作り運用した。

  • 専門校閲に特化したチーム(外部ネットワークを使い、専門知識を持つ人材を確保)
  • 一般校閲を行うチーム(ダンク社内の校正スタッフを確保)

この2チームを同時並走させることで、作業時間の短縮につなげた。

また、2チームの指摘のとりまとめを行い、寄稿者への確認点を速やかに提示するフローに改善した。

属人化することがないよう、専門校閲、一般校閲ともに複数名でチーム編成


作業の効率化と不測の事態への対応を想定して、2チームを複数名で体制構築。

専門と一般どちらも対応する人材を探すのは困難だが、チーム分けを行い、専門領域を整理したことで人材の確保が容易となった。
複数名での作業体制とすることで、急なトラブルや作業遅延への対応がスムーズとなり、工程が逼迫されるような事態は起こらなかった。

対策の効果

精度を落とすことなく、属人化の解消と作業工程の圧縮を実現したことで、C学会さまからは高い評価をいただいた。

特定の個人ではなく、複数の目を通しているので校閲精度が向上。後工程での確認点や修正はほとんどなくなった。

ダンクの窓口担当が、2チームの校閲結果を整理することで、C学会さまの編集負荷と制作側の修正負荷を軽減することができた。

校正の基礎と実践的なテクニックが学べます!

お問い合わせ

お見積りは無料です

お困りごとはお気軽にご相談ください。確認次第、担当者からメールでご連絡いたします。
業務依頼・打ち合わせはオンラインでも対応しますので、全国からのお問い合わせを受け付けています。

    必須会社名
    必須お名前
    必須メールアドレス
    任意電話番号(ハイフンは不要)
    ※電話営業は一切いたしません。
    必須ご相談内容
    任意弊社を知ったきっかけ