商品情報のDB構築を行い、紙カタログとWEBサイト、どちらの制作も効率化

お客さま情報

園芸メーカー F社さま

業種:園芸・種苗販売/ソリューション統括部

制作期間:約6ヵ月

お客さまの課題

F社さまでは、2年に一回、取引メーカーの商品を掲載する大型カタログを制作している。

ダンクは、他社(印刷)と協業してカタログのデザイン制作と各メーカーと校正確認を行う事務局業務を請け負っていた。

F社さまでは、紙媒体のカタログとは別に、WEBサイトも展開しているが、それぞれ別運用で制作しており、効率の悪さを感じていた。 今回は、その2つの業務を一本化し、作業の効率化、コスト削減を目指すのが優先課題となっていた。

ダンクの対策

大きな問題だったのが、紙媒体とWEBサイト、共通で使える商品情報の整理であった。
各々で運用していたため、商品情報が不統一となっており、DB(データベース)の構築が急務となっていた。

ダンクは他社との協業で、DB入力と従来のカタログ制作・事務局業務を請け負うこととなった。

登録しやすいDB構築に協力して、入力作業を短縮


ダンクは、DBの開発を行うベンダーと連携して、登録画面のUI(ユーザーインターフェース)開発に協力した。これまでのカタログ制作経験を活かして、以下のような提案を行った。

例)

  • 多岐に渡る商品情報の中から、DB登録に「必要か不要か」を整理して選別
  • 「DB入力時に、選択したカテゴリに合わせて、必要な小カテゴリだけを表示する」といったような、入力モレや入力間違いを防ぐ対策を提案

提案とチェックを繰り返して、登録しやすいUIにすることができた。これによりDB入力作業の効率化と同時に、入力ミスのない高い品質を担保することができた。

従来の事務局業務もオンラインで作業効率化


掲載している商品メーカーに対して、掲載紙面の確認校正を毎回行っているが、これまでは郵送で対応していた。
この郵送作業の準備と回収に時間がとられていたので、作業をオンライン化。

協業している他社の校正システムを使い、修正指示のやりとりを大幅に簡略化した。
校正システムを導入できなかったメーカーに対してはメール添付で対応した。

100社を超える商品メーカーとの連絡を迅速化したことで、作業時間の短縮につながった。

対策の効果

DBの構築を効率的に行ったことで、紙媒体はもとより、WEBサイトへの展開も滞りなく進行。無事にリリースすることができた。

優先課題となっていた業務の効率化、コスト削減という面でも、例年に比べて大きな成果を上げることができた。

お問い合わせ

お見積りは無料です

お困りごとはお気軽にご相談ください。確認次第、担当者からメールでご連絡いたします。
業務依頼・打ち合わせはオンラインでも対応しますので、全国からのお問い合わせを受け付けています。

    必須会社名
    必須お名前
    必須メールアドレス
    任意電話番号(ハイフンは不要)
    ※電話営業は一切いたしません。
    必須ご相談内容
    任意弊社を知ったきっかけ