デザインから事務局運営までダンクの一括管理で冊子制作をアウトソーシング

お客さま情報

民間教育企業 A社さま

業種:学習塾の運営など民間教育企業/広報部

制作期間:約6ヵ月(毎年継続中)

お客さまの課題

A社さまでは、大学教授の講義(20コマ以上)を、一つひとつコンテンツ化して、ダイジェストとしてまとめた冊子を年一回制作している。

冊子制作には多くの関係者が関わるため、制作担当者の負荷が非常に高い運用となっていた。
10名以上いるライターの管理や講師となる大学教授への確認校正、内容のチェックや制作のコントロールなど、作業範囲は多岐に渡っていた。

余裕がない分、本来注力すべき企画ページのテーマ設定などがおざなりになり、満足のいく冊子制作ができていなかった。
そのため、制作全般から大学教授の確認校正まで、一括で任せられる会社を探していた。

ダンクの対策

クリエイティブチームと事務局チームに分けて、作業負荷を分散させた体制を構築


ダンクは制作全般を一括で受託。業務を以下の2チームに分けて対応した。

  • クリエイティブチーム
    教育方面に明るいプランナーとデザイナーを中心としたチームを編成。
    冊子全体のコンセプト設定やそこにマッチしたデザインワークを行った。
  • 事務局チーム
    エディターと校正者を中心とした進捗管理を担うチームを編成。
    作業フローの設計から大学教授への確認校正、修正指示の集約、クリエイティブチームへの連携などを行った。

クリエイティブチームの中でも作業を分担して効率化


アートディレクターとプランナーがグランドデザインを制作し、それをDTP組版チームに連携して制作していくフローとした。
1社完結で作業を行うのではなく、デザインパートと組版パートで発注先を別々にした。

このことにより、スケジュール、予算ともに効率を最大化する体制を敷くことができた。

コール業務から校正・校閲まですべての情報整理を事務局チームが対応


一方、全ての情報整理は事務局が行った。制作に関わる関係者を事務局が管理することでスムーズに制作を進行することができた。

講師である大学教授への確認校正のやり取りも事務局で対応。
コール業務や受付業務も事務局が行ったため、制作スケジュールを考慮しながら、原稿集稿や問い合わせを行うことができた。

対策の効果

制作作業全般をA社さまから完全にアウトソースすることに成功。
担当者の方が本来の業務(企画立案やクリエイティブのチェック)に注力できる環境になった。

一社完結で制作していくのではなく、各社の得意領域を組み合わせたことで効率化を図ることができた。
通常、複数社を組み合わせた体制は効率面でのロスが生じやすいが、事務局が進捗面で全方位的にカバーすることでロスを最小限に抑えた。

 A社さまには作業進捗を見える化していたので、「安心して業務をアウトソースできた」との声をいただけた。

お問い合わせ

お見積りは無料です

お困りごとはお気軽にご相談ください。確認次第、担当者からメールでご連絡いたします。
業務依頼・打ち合わせはオンラインでも対応しますので、全国からのお問い合わせを受け付けています。

    必須会社名
    必須お名前
    必須メールアドレス
    任意電話番号(ハイフンは不要)
    ※電話営業は一切いたしません。
    必須ご相談内容
    任意弊社を知ったきっかけ