ダイレクトメール制作物の依頼メールに校正者を加えてミス防止フロー構築

お客さま情報

コスメティックメーカー E社さま

業種:コスメティックメーカー/販売促進部

制作期間:通年(継続中)

お客さまの課題

E社さまの販売促進部では、会員向けのダイレクトメール郵送物として、冊子やチラシ、新商品サンプルなど一式を同封して定期的にご案内している。
担当者はさまざまな販促活動をしているため、外注業者に依頼した同封ツールの細部までは目が行き届かないことが多かった。

そのため、ミスやクレームが生じることがあり、販売促進部として、何かしらの対策が必要であった。

ダンクの対策

販促担当者の負担を増やさずに、第三者チェックをする方法を検討。
単純に制作誌面をダンクが素読み校正する形では、E社さまが依頼する手間は省けるが、気付けるミスも限定的になる。

そこでダンクでは制作履歴を把握しつつ、詳細をチェックできる「伴走型のリモート校正」を提案し、以下のことを実践した。

校正用材料の用意は不要。必要な材料はすべて制作指示メールから校正者が収集


本件の制作依頼は原則メールで連携されており、そのメールに関係者としてダンクの校正担当者も加えてもらった。
これにより、販促担当者が校正用に材料を整理して説明する手間を省くことができた。

時系列を把握しながら必要な材料はすべて校正者自身が整理することで、担当者の負荷を増やさずに第三者チェックを実現した。

都度の校正指示も不要。校正タイミングは校正者からの提案スタイル

全体スケジュールさえ事前に共有できていれば、制作の経緯はメール履歴から把握できる。
そのため、都度の校正指示がなくても、どのタイミングでチェックするべきかダンク側から提案することが可能となった。
実際にどの工程で何をチェックしておくべきか、販促担当者よりもプロの校正者に知見があるため、よりよい工程設計ができた。

チェック対象は制作誌面のみにあらず。指示そのものもチェック

この「伴走型のリモート校正」の特長として「メールコミュニケーションそのもの」が校正チェック対象になるという点がある。

例えば、AをBに変更するならCも変更になるのでは?といった修正指示の不備や疑問点の抽出、さらには送付先から一部関係者が抜けているといった指摘も役割として担うことができる。
こういった立体的にチェックする役割を校正者が担うことでミスの低減を実現することが可能となる。

対策の効果

定量的効果は得られていないが、定性的効果として販促担当者からさまざまな声をいただいているので一部を記載する。

「明らかにミスが減ったし、制作工程自体が効率的になったと感じる」
「手間は一切増えていないのに、直さなきゃいけない点や注意して見なければいけない点を教えてくれるので本当に助かる」
「指示が分かりづらいケースなどをうやむやにしないでしっかりと聞いてくれるので、関係者全体の認識が統一されるようになった」
「どのタイミングでどういうチェックをすべきなのか、プロの視点と設計を学習できるのでありがたい」

校正の基礎と実践的なテクニックが学べます!

お問い合わせ

お見積りは無料です

お困りごとはお気軽にご相談ください。確認次第、担当者からメールでご連絡いたします。
業務依頼・打ち合わせはオンラインでも対応しますので、全国からのお問い合わせを受け付けています。

    必須会社名
    必須お名前
    必須メールアドレス
    任意電話番号(ハイフンは不要)
    ※電話営業は一切いたしません。
    必須ご相談内容
    任意弊社を知ったきっかけ