大型カタログの調査・分析を行い、最適なデザインフォーマットを提案

お客さま情報

オフィス家具メーカー E社さま

業種:オフィス家具メーカー/広報部

制作期間:6ヵ月

お客さまの依頼

E社さまでは、1年に1回500ページを超える大型の商品カタログを発刊している。

ダンクは、複数年校正業務を担当しており、今回カタログデザインの大幅なリニューアルを行うこととなった。
これまではカテゴリごとの担当部署が掲載内容、デザインを決めていたが、今後はカタログ全体を通してデザインを統一する方針となった。
そのため、全カテゴリ共通のデザインルールを作成する必要がでてきた。

ダンクは、既存カタログで使われているアイコン、定型コメント、デザイン処理などの調査と分析を担当した。

ダンクの対策

既存カタログの調査・分析として、以下の対応を行った。

アイコンの種類から使用サイズまで既存カタログの調査を実施


既存カタログで使用されているアイコンの種類・サイズの洗い出しを実施した。

調査の結果、10種類以上のアイコンが、さまざまなサイズ(5~8種類)で使用されていることが判明。
できるだけ掲載パターンを減らす方向で分析を行った。

調査結果から、最適なデザインフォーマットを作成


ダンクの調査結果をもとに、デザイン会社と協力して、1ページ、1/2ページ、1/3ページ、1/4ページの4サイズのデザインフォーマットを作成。

ダンクでは以下のような提案を行い、作成を進めた。

  • サイズごとの画像や図面の掲載点数(見やすい掲載量の提案)
  • 文字情報、定型コメントの配置、大きさ(読みやすい配置の提案)
  • アイコンの掲載位置(視認性が高い配置の提案)
  • アイコンが併記される場合の掲載順序(掲載頻度、優先度から順序を提案)

対策の効果

カタログ全体のデザインフォーマットが統一されたことで、見やすく、読みやすいカタログの制作に貢献することができた。

デザインフォーマットを4サイズに限定したことで、総ページ数の削減と合わせてスムーズなカタログ制作の進行が可能となり、コスト面でも貢献することができた。

校正の基礎と実践的なテクニックが学べます!

お問い合わせ

お見積りは無料です

お困りごとはお気軽にご相談ください。確認次第、担当者からメールでご連絡いたします。
業務依頼・打ち合わせはオンラインでも対応しますので、全国からのお問い合わせを受け付けています。

    必須会社名
    必須お名前
    必須メールアドレス
    任意電話番号(ハイフンは不要)
    ※電話営業は一切いたしません。
    必須ご相談内容
    任意弊社を知ったきっかけ