読者は見出しで内容を理解する!チラシ・文書の見出しの付け方

チラシや文書を作成するときに重要なのがタイトルと見出しです。

タイトルで読者の興味・関心を引きつけなければ、そもそも読んでもらえません。
興味・関心を引いても、内容をすぐに理解できる見出しがなければ、結局読むのをやめてしまいます。

チラシや文書を最後まで読んでもらうためには、読者の理解を助けるタイトルと見出しが重要なのです。

ダンクでは、多くのチラシや文書のツール制作に携わり、読者に理解してもらうために試行錯誤を続けてきました。
そこで得たノウハウ・コツが見出しの付け方です。

本記事では、以下の媒体を対象として、見出しの付け方について解説します。

  • イベント集客や告知などのチラシ、フライヤー
  • 顧客や会員、内部スタッフなどへの案内文書、通知文書

タイトルのつけ方は以下の記事にまとめていますので参考にしてください。

読者の行動を変えるタイトルのつけ方【チラシ・文書の作り方のコツ】

見出しを付ける意味は内容を理解しやすくするため

本記事で定義するタイトルと見出しは以下のような関係です。

冒頭で述べたように、タイトルは興味・関心を引きつける役割を果たします。

対して、見出しは内容の理解を助けて、読みやすくする役割を果たします。

手にしたチラシや文書を、最初から一字一句読んでもらえるのは稀です(もちろん内容によりますが)。

普通は見出しを流し読みして、何が書いてあるのか概要をつかんで読むのではないでしょうか(実際私はそうです)。

ここで概要がつかめないと読むのをやめてしまうかも知れません。

これがタイトルと同様に、見出しが重要だと考える理由です。

本記事では、チラシや文書の見出しの付け方に特化して解説します。

タイトルのつけ方は以下の記事にまとめていますので参考にしてください。

読者の行動を変えるタイトルのつけ方【チラシ・文書の作り方のコツ】

見出しを付けるコツは「グループ化」と「意味が通じる見出し」

見出しの付け方のコツは、2ステップあります。

  • 【ステップ①】分類を意識して情報をグループ化
    目的や場所、時系列など読者が理解しやすいまとまりでグループ化します
  • 【ステップ②】読んだだけで意味が通じる見出しを付ける
    ステップ①のグループに見出しを付けます。読んだだけで内容が理解できる見出しを考えます

それぞれ解説していきます。

【ステップ①】分類を意識して情報をグループ化

グループ化とは、似た内容のものをまとめて、グルーピングすることを言います。

そもそもグループ化ができていなければ、見出しを付けることができません。
どの文章や情報のまとまりに見出しを付けていいか、わからないからです。

これはチラシや文書に限った話ではありません。

例えば、会話テクニックで、こんな一言を聞いたことはないでしょうか?

今から大事なポイントを3つお話します!

こう言われると「なるほど、ポイントは3つあるんだな」と、聞く側も準備がしやすいですよね。
(ちなみにスティーブ・ジョブズがよく使った手法だそうです)

文書やチラシもこれと同じです。

わかりやすいように、営業報告書を例に解説しましょう。

例えば、自分の部下から以下のような報告書があがってきました。どう感じますか?

【お客さま訪問のヒアリング結果】

  • A社に訪問して新商品の説明を行った
  • A社は、今までと違った視点の商品を探していた
  • また、広く流通していない商品をスピード感持って導入したいとのことだった
  • 当社の新商品に興味を持っているようだった
  • 但し、スピード感を重視しているので、迅速に対応できるかがカギ
  • 予算に限りがあり、コスト面での折り合いが必要になる

これを読んだ上司はこんな感想をいだくかもしれません。

結局、わが社は何を検討したらいいんだ?

箇条書きでダラダラと書かれても、すべて読むのも大変ですし、なかなか頭に入ってきません。

この内容をグループ化すると以下のようになります。

【お客さま訪問のヒアリング結果】

<訪問の理由>

  • A社に訪問して新商品の説明を行った

<お客さま(A社)の課題>

  • A社は、今までと違った視点の商品を探していた
  • また、広く流通していない商品をスピード感持って導入したいとのことだった
  • 当社の新商品に興味を持っているようだった

<当社の課題>

  • スピード感を重視しているので、迅速に対応できるかがカギ
  • 予算に限りがあり、コスト面での折り合いが必要になる

並列に書かれていた内容を、3つのまとまりでグループ化しました。

上司が検討すべきは<当社の課題>とすぐに理解できますよね。上司が読解する手間も省けて、理解するのが楽になるはずです。

上の例は行動の主体(行動するのは自分か相手か)でグループ化しました。

他にも以下のような切り口が考えられます。

  • 場所(本店、支店 など)
  • 目的別(食べる、買う など)
  • 難易度(初心者、上級者 など)
  • 時系列(STEP1、STEP2 など)      ……など

文書やチラシを作るときも、掲載情報が決まったからと言って、そのまま制作に取り掛かるのではなく、似た内容のものをグルーピングすることを意識してみてください。

グループごとに見出しをつければ、わかりやすさが変わると思います。

グループ化ができたら、実際に見出しを付けるステップになります。

【ステップ②】読んだだけで意味が通じる見出しを付ける

見出しを付けるときのコツは、見出しを読んだだけで意味が通じるように要約することです。

繰り返しになりますが、見出しは内容の理解を助けて、読みやすくする役割を果たします。

見出しを作ったら、見出しだけを読んで意味が通じるか確認してみてください。

契約者向けの告知チラシを例に考えてみましょう。
以下はグループ化できてはいますが、見出しの付け方としてはどうでしょうか?

見出しだけを読んで、内容が把握できますか?

ダンクでは、「~~について」や「~~の内容」などの見出しは極力使わないようにしています。
読んだだけでは、どうして欲しいのか伝わらないからです。

シンプルにこのような見出しに変更しました。

「〇〇したい」という、読者の要求に見出しで応える形にしました。

この見出しであれば「引っ越ししたから住所変更をしなくちゃ」と思ったときに、「契約内容を変更する」を読めばすぐに理解できます。

このとき「〇〇する」(または「〇〇したい」)など、文末を揃えることを意識すると、意味が通じる見出しを作りやすくなります。

  • 読んだだけで意味が通じるか
  • 文末は統一されているか

この2点に注意して見出しを考えてください。

まとめ(グループ化はあらゆるシーンで使える技術)

見出しを付けるコツを紹介してきました。

特に重要なのが、情報をグループ化することです。

グループ化さえできれば、その内容に合わせて見出しを要約すればいいだけです。

グループ化は、今回対象としたチラシ・文書だけの話ではありません。
さまざまなシーンで使える情報編集の技術です。

カタログやパンフレットの目次やプレゼン資料、トークスクリプトなんかでも使えます。

せひグループ化を意識して、日々の業務に取り入れてみてください。

ダンクでは、きちんと情報が伝わることにこだわって、お客さまのわかりやすい情報発信をお手伝いしています。

自社のツールをわかりやすくしたいとお考えの方は、お気軽にダンクにご相談ください。

”わかりづらい”で困っている方へ

この記事を書いた人

森順一郎
森順一郎伝わる編集セミナー講師
1997年株式会社ダンク入社。
チラシやパンフレットの制作ディレクション業務を担当。現在は伝わる編集・デザインを追究している。
2018年からはやさしい日本語の普及にも力を入れ、各所で登壇している。
・都庁主催『やさ日フォーラム』でデザインとやさしい日本語を組み合わせた手法を紹介
・2021年度 多文化共生コーディネーター研修 修了

編集ガイドラインを無料でダウンロード

「ユーザーにうまく情報が伝わらない…」そんな悩みを持つ方向けに、ダンクの編集ノウハウをまとめました。ノンデザイナー・ノンライターの方でも、すぐに使えるノウハウをまとめています。

以下のフォームにご入力いただき、送信ボタンを押してください。 折り返し、自動返信にてダウンロードURLをお送りします。

    任意会社名
    必須お名前
    必須メールアドレス