【校正赤字の書き方】校正の赤入れはシンプルにわかりやすく書く

せっかく間違いを見つけて赤入れしたのに、制作会社が思った通りに直してこない……

長年、校正を請け負ってきたダンクでは、こんな経験を数多くしてきました。

果たして悪いのは、直し間違えた制作会社か赤字を入れた校正会社か……


一概にどちらとは言えませんが、ひとつ言えるのは、

わかりやすい赤入れをすると修正の精度が変わる

これは間違いありません。

校正は間違いを見つけて終わり、ではありません。
間違いを正しく修正して初めてゴールにたどり着きます。

この記事では、ダンク流の校正の赤入れのコツを解説しています。

特にカタログやパンフレットなどの販促ツールを作成している方向けに記事をまとめました。

正しい赤入れ方法を学んで、ミスのないツール制作の参考にしてください。

校正の赤入れのコツはシンプルにわかりやすく書く

ダンクでは「入社したスタッフに校正記号を学ばせる」ということをしません。

校正記号は、主に雑誌や小説など文章中心の書籍校正で使う記号です。

本記事の対象となるカタログやパンフレットなどの販促ツールの場合、文章だけではなく、画像や図解、イラストなどフリーにデザインして制作することが通常です。

校正記号だけで赤入れするのは無理があります。

加えて、グラフィックデザインを学んできたデザイナーは、校正記号を知る機会もないので、校正記号を知らないことも多いのです。
(もちろん理解しているデザイナーもいると思いますが)

マニアックな校正記号で赤入れしたとしても、

これをどう直せばいいの?

かえって制作現場の混乱を招くだけだったりします。


ですから、ダンクでは校正記号を覚えることよりも、【校正指示の3要素】を理解して、誤解のない赤入れを学びます。


決して難しいことではありません。

とにかく「シンプルにわかりやすく書く」これを徹底します。

赤入れのコツ【校正指示の3要素】

「シンプルにわかりやすく書く」を実践するには、以下の校正指示の3要素を意識することが重要です。

  • 範囲指定
  • 引き出し線
  • 修正内容(伝わる言葉)


ダンクでは経験上、赤入れするときの基本要素は、この3つと考えています。

修正間違いや修正モレは、(例外的な場合もありますが)たいていの場合3要素のどれかが不明確なために発生します。

この3要素を意識して、「100人が見たら、100人が同じ判断をする」ように、わかりやすい赤入れを行います。

3要素のポイントを詳しく見てみましょう。

赤入れのコツ<範囲指定>

範囲指定は、まとまりごとに明瞭に書くのが基本です。

まとまりで囲む

修正したい部分がどこなのか、どこからどこまでの範囲なのかを意識して指定します。

例えば、以下の例を見てください。

×の例では、「アリストテレス」に修正するのか「アリストレス」に修正するのか判然としません。

たとえ「アリストテレス」が常識だとしても、の例のようにはっきり範囲を指定して赤入れしてください。

修正する人に考えさせないような赤字を書くのが理想です。

範囲は一目瞭然に

以下のような範囲指定では勘違いされる恐れがあります。

写真の入れ替えは明確ですが、それぞれの写真の下にある合番(①~④)は入れ替えるのでしょうか、そのまま残すのでしょうか。判断に迷いますよね?

範囲を指定するなら、以下のようにはっきりと指定してあげましょう。

赤入れのコツ<引き出し線>

引き出し線のコツは、目立つように、曲線でしっかり引き出すことです。

しっかりと引き出す

修正する場所の近くに、小さく書くと見落とされる可能性があります。

引き出し線は、大胆に、かつしっかりと引き出しましょう。(赤字を書き込む余白がない場合は、できるだけ目立つところに書くようにします)

曲線にする

周りの文字にかぶらないように曲線で引き出すのがオススメです。

以下のように直線で書いてしまうと判断に迷う部分がでてきます。

・「機能」と「障」から引き出した線が、「機能」と「障」以降の文字の上を通っているので「トル」指示に見える

・「お」の挿入位置が5行なのか、6行目なのか、・・・どこなのか曖昧

曲線で引き出すと曖昧さがなくなります。

交差させない

引き出し線を交差させると、どこに対しての指示なのかパッと見てもわかりません。

あみだくじのように、引き出し線をたどっていくことになります。

交差させずに赤入れしましょう。

赤入れのコツ<修正内容(伝わる言葉)>

修正内容を書くときは、「自分がわかる」ではなく、「修正する相手がわかる」を意識して赤入れします。

文字は丁寧に書く

当たり前のことですが、赤字は丁寧に書きましょう。

例えば、以下のような13なのかBなのか曖昧な赤字は、誤った修正をする恐れがあります。

どっちに直せばいいの?

きれいな文字でなくても構いません。勘違いを生まない、丁寧な文字で書くことを意識しましょう。

「何を」「どうしたいのか」わかりやすく書く

修正内容は、「何を」「どうしたいのか」誤解のないように明確に書くことが大事です。

以下のように限定価格の値段のフォントが間違っていたとします。
(本来のフォントは、上の「本来デザイン」のフォント。特価も限定価格も同じフォントになるのが正解)

限定価格も、特価と同じフォントにしたいわけですから、「フォントを特価にソロエル」と書くと不十分です。
本来は黒色の限定価格を、特価と同じ赤色に修正されてしまう可能性があるからです。

明確に書くなら、(黒文字)を書き加えましょう。これなら誤解の生まれようがありません。

便利な校正記号7選

冒頭で校正記号を重視していないという話をしましたが、もちろん使わないわけではありません。

使用頻度が高い校正記号に関しては、ダンクでも使用しています。すべての赤字を3要素で書くのも大変ですから、うまく校正記号を使うと、赤入れ作業が効率的になります。

但し、万が一、記号の意味を知らない方が修正することも想定して、必ず「何をしたいのか」一言添えるようにするのがポイントです。

ダンクがよく使う校正記号を7つ紹介します。参考にしてみてください。

校正記号記号の意味
【挿入】
文章の間に文字を挿入するときに使います。
【アキ】
文字と文字の間にアキ(空間)を入れたいときに使います。
※半角空けたいのか全角空けたいのか、必ず明記しましょう。
【詰める】
文字と文字の空間を詰めたいときに使います。
【揃える】
文章の行頭を揃えるときなどに使います。
【入れ替え】
文章や画像を入れ替えるときに使用します。
【つなげる】
文章をつなげるときに使います。
【改行】
文章を改行するときに使います。

7つの校正記号を紹介しました。

繰り返しになりますが、どの校正記号を使う場合も、「何をしたいのか」必ず一言を添えることが大事です。
(ツメル、ソロエルなど補足で書く赤字指示)

このひと手間を惜しまないのがポイントです。

修正する人が、仮に校正記号を知らなくても、悩まなくてすむように校正記号を使いましょう。

まとめ

赤入れのコツを3つの要素で解説してきました。

  • 範囲指定
  • 引き出し線
  • 修正内容(伝わる言葉)

3要素をおさえて、シンプルでわかりやすい赤入れを意識してください。

思ったとおりの修正ができないと、何度も赤入れと修正を繰り返すことになり、コストも時間も無駄にしてしまいます。

本記事のポイントをおさえて、修正間違いや修正モレのない、効率的なツール制作に役立ててください。

そもそもの校正のやり方を知りたい、という方は、以下の記事を参考にしてみてください。

プロの校正のやり方を初心者向けにわかりやすく解説【校正25年のノウハウ】

この記事を書いた人

岡崎聡
岡崎聡株式会社ダンク取締役社長
フリーランスでの編集・カメラマンなどを経て、1994年に株式会社ダンク入社。校正、進行管理、営業対応などに携わる。
2008年10月、株式会社ダンク取締役社長に就任。
2014年からは、宣伝会議の「校正・校閲力養成講座」講師を担当。
販促会議デジタルマガジンに「販促ツールの品質を高める 校正のチェックポイント」などを寄稿

校正マニュアルを無料でダウンロード

ダンクの校正現場で実際に使っているノウハウをまとめました。この資料で「プロの現場レベルの知識」が身につきます。
販促物の校正の基礎と実践的なテクニックを学んで、 貴社の実務に役立ててもらえると嬉しいです。

以下のフォームにご入力いただき、送信ボタンを押してください。 折り返し、自動返信にてダウンロードURLをお送りします。

    任意会社名
    必須お名前
    必須メールアドレス