【校正会社が教える】校正を外注するときのポイント

今回は、校正を外注するときに押さえておくポイントを解説します。

ありがたいことにダンクも校正の依頼をいただきますが、「どうやって依頼したらいいのかわからないのですが…」という企業さんは一定数いらっしゃいます。

依頼内容の確認で何度もメールのやりとりをする、ということもしばしば。お互いにそこで時間を浪費したくはないですよね。

この記事では、校正を外注するときのポイントを解説しています。

時間もコストもロスの少ない校正の外注先選びをしてください。

校正と校閲 どちらを外注するのか

本題に入る前に、校正と校閲の違いを知っておきましょう。

校正を依頼するのか、校閲を依頼するのかで、選ぶ校正会社も変わってきます。

そこを認識しておかないと、依頼を断られるケースや低品質で納品されるケースがあるので、知識として持っておく方が安心です。

校閲を外注する

校閲は、文章にまつわる間違いを指摘します。

小説・エッセイなどの書籍や雑誌の読み物系を主に扱います。

執筆したゲラ刷り(校正のための試し刷り)を読んで、誤字脱字や表記ゆれに加えて、事実関係の誤り、根拠のないデータ表示などを調べて、文章に関する矛盾を指摘していく仕事です。

校正を外注する

校正は、用意された原稿と制作した紙面の内容が違っていないかを照合します。

折込チラシや商品カタログ・パンフレットなど、企業の販促物を主に扱います。

原稿をベースにデザイン、ライティングをする過程で、多くのミスが発生します。
このミスを拾うのが主な校正の仕事です。

加えて、校閲で行うような誤字脱字や表記ゆれのチェック、オーダーによって事実関係の誤りなどのファクトチェックも行います。

校正と校閲、どちらの作業を依頼するのか把握したうえで、外注先の会社を選んでください
各社ホームページを見れば、対応範囲が記載されていますので確認しておきましょう。


この記事では、校正を専門とする校正会社に外注するときのポイントを解説しています。

校正の作業要件を決める

校正会社に外注するときは、校正の材料(校正用データや原稿など)を渡して、ある意味丸投げで校正会社に託します。

そのため作業の要件を正しく伝えることが重要です。

要件によって校正料金は変わってきますし、納期にも影響します。できるだけ詳細な要件を伝えた方が、校正会社も正確に判断することができます。

以下に押さえておいた方がいい項目を挙げました。要件を整理して校正を依頼しましょう。

対象媒体・折込チラシ
・カタログ、パンフレット
・WEBコンテンツ
など、媒体によって校正の特性があるので対象を伝えます
ページ数何ページ依頼するか伝えます
校正回数何回校正をして欲しいか伝えます
(初校、再校、最終校など、どの段階まで依頼するか)
作業内容・原稿照合(元となる原稿と校正)
・赤字チェック(内部・外部の赤字チェック)
・素読み校正(校正紙だけを読んで内容の矛盾点を指摘)
・表記ルール(表記のゆれ、ルールに沿っているかチェック)
・ファクトチェック(事実関係の根拠調査)
など、作業して欲しい内容を伝えます

例えば、パンフレットの校正を依頼したいときは、以下のような要件を伝えます。

例)

対象媒体:パンフレット校正 ページ数:16ページ 

校正回数:最終校のみ1回  作業内容:赤字チェック、素読み校正

可能であれば、実際に校正する紙面、または類似した媒体をサンプルとして事前に送付すると、校正会社も作業のイメージがつかみやすくなります。

校正に必要な作業時間

校正の作業時間は、依頼する作業の要件によって変わります。

照合する原稿が多岐にわたっていたり、赤字チェックの赤字が複数枚に分かれていたり、履歴の赤字をすべてチェックして欲しいなど、作業内容が複雑であるほど時間がかかります。

ダンクの例で言うと、パンフレットの校正作業の場合で、

  • 原稿照合
  • 素読み校正
  • ファクトチェック

の依頼があった場合、ひとりで1日にこなせる量は8~10ページくらいが目安です。
(3人で作業すれば、8ページ×3人=24ページが1日にこなせる量の目安)

依頼内容が複雑な場合は、早めに校正を依頼して充分な作業時間を確保することをオススメします。

具体的な期日が決まっている場合は、先に校正会社へ伝えましょう。
納期に合わせた体制を組んでくれることもあります。

校正会社以外の外注先

ここまで校正会社前提で話してきましたが、外注する先は校正会社だけとは限りません。

派遣会社やクラウドソーシングのように、人的リソースを補充するという形で依頼することもできます。
簡単に紹介しておきましょう。

派遣会社

校正者を自社に派遣してくれるのが派遣会社の特徴です(いわゆる出張校正)。

  • 原稿が複雑なので、自分の近くで説明しながら作業して欲しい
  • 原稿を外部へ持ち出すことができないので、自社内で作業して欲しい

このような事情がある場合は、出張校正を基本とする派遣会社の方が都合よいでしょう。
(校正会社でも出張校正をしている場合がありますので確認してください)

クラウドソーシング

最近増えているのが、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングです。

  • 予算が決まっているので低コストで済ませたい
  • 納期まで時間がないので、急ぎで対応して欲しい

といった事情がある場合は、クラウドソーシングが最適です。
フリーランスの校正者や副業で在宅作業など、わりと融通が利く場合が多いので、柔軟に対応してもらえます。

但し、人選びは慎重にした方がいいでしょう。個人のスキルに依存するので、人によって品質に差がでることがあります。

まとめ

校正を外注するときのポイントを紹介してきました。

校正を依頼する際は、

  • 何の作業を依頼するのか(校閲か校正か)
  • どんな作業を依頼するのか(作業要件の決定)

を自社内で明確にしておきましょう。

この内容次第で、作業時間と作業料金が決まってきます。

校正会社もジャンルによって得手不得手がありますし、担当した校正者のスキルによって品質が変わる場合もあります。
依頼先のホームページの実績や取り組みなどを確認して、外注先の判断材料にすることをオススメします。

ダンクが考える校正の目的

そもそもの話をしますと、校正をする目的とは何でしょうか?

もちろん間違いをなくすことですよね。ある意味、この目的が達成されるのであれば校正にこだわる必要もありません。

ダンクでは、多くの赤字や修正が入る案件を請け負うと、
「イヤー疲れた。間違いが多くてやりがいのある仕事だったぜ!」
という思考にはなりません。

「なんでこんなに赤字が入るの?何か工程に問題があるんじゃないの?」
と、制作のプロセスに問題があるのではないかと疑います。

「校正で赤字が入らない仕組み作り」これがダンクの目指す理想の校正です。

校正会社らしからぬ理想ですが、これまでの経験上、これが一番効率的です。

ダンクは、これまでカタログやパンフレットなど販促ツールの校正を数多くこなしてきました。
校正作業はもちろん、制作工程の改善にも課題を感じている方は、ぜひダンクへご相談ください。


「校正会社に依頼するほどコストをかけられないので、自分で校正を済ませたい」という方向けに、ダンクの校正ノウハウをまとめた記事もあります。参考にしてみてください。

プロの校正のやり方を初心者向けにわかりやすく解説【校正25年のノウハウ】

校正の基礎と実践的なテクニックが学べます!

この記事を書いた人

岡崎聡
岡崎聡株式会社ダンク取締役社長
フリーランスでの編集・カメラマンなどを経て、1994年に株式会社ダンク入社。校正、進行管理、営業対応などに携わる。
2008年10月、株式会社ダンク取締役社長に就任。
2014年からは、宣伝会議の「校正・校閲力養成講座」講師を担当。
販促会議デジタルマガジンに「販促ツールの品質を高める 校正のチェックポイント」などを寄稿

お問い合わせ

お見積りは無料です

お困りごとはお気軽にご相談ください。確認次第、担当者からメールでご連絡いたします。
業務依頼・打ち合わせはオンラインでも対応しますので、全国からのお問い合わせを受け付けています。

    必須会社名
    必須お名前
    必須メールアドレス
    任意電話番号(ハイフンは不要)
    ※電話営業は一切いたしません。
    必須ご相談内容
    任意弊社を知ったきっかけ